FC2ブログ

真理に生きる(実践スピリチュアリズム)

~ 感謝の中で、毎日を現実的に生きていくこと。毎日の丁寧な営みを。 ~

ブログ検索   
Google検索   [ ウェブ全体 ブログ内 ]

[カテゴリ]
  「思想・哲学」全般(6)  スピリチュアル全般(14)  江原啓之スピリチュアリズム(4)  神道(2)  アティテューディナル・ヒーリング(2)  医療(2)  自然界(1)  福祉(2)  食生活(0)  未分類(9)  
[タグ]

Archive [2009年08月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

ゆるすということ

ゆるすことは 幸せになるための処方箋 ゆるさないことは 苦しむための処方箋 苦しみの原因が何であれ 苦しみにはすべて 「ゆるさない」 という種が 宿っていないだろうか? 復讐の念を燃やしつづけ 愛や共感を出し惜しみすれば 健康を害し 免疫が低下することは まちがいない 当然だと思われるような怒りでも こだわり続けていれば 神の安らぎを味わえなくなる ゆるしとは その行為をよしとすることではない 残虐な行動を見逃すこ...

神様への参拝

日本全国の神社には様々な神様が祀られており、代々、土地の人々によって大切にされてきました。神社は神霊の気配の漂う神聖な聖域(サンクチュアリ)であり、神様と通じる場所、霊界に通じるアンテナです。昔の人々がご神気を漂わせる場所に感応し、信仰の場として建てたとされています。現代においても、霊的な能力を持った人であれば、神霊の声を聞いたり、お姿を目にするそうです。場所によっては光の柱を霊視することもあるで...

八つの法則

八つの法則は「英国スピリチュアリスト連盟(SAGB)の七大綱領に基づいて、江原さんが、現代に生きる人々にとって理解しやすいように、スピリチュアルな法則を八つにまとめたものです。 江原啓之スピリチュアリズムはこの「八つの法則」が基本であり、これがないと成り立ちません。江原さんは沢山の書籍を執筆していらっしゃいますが、人生のルールである「八つの法則」を使って、では実際にどうこれを現実に落とし込んでいけばい...

闇から光へ

「貧しい人にはパンをあげれば良いけれど、心の貧困はもっと深刻です」とマザーテレサは仰っています。こんな心の貧しい日本に、この今の時代に私達が生まれてきたのも意味があるはずです。歴史を見てみると、昔から領地の奪い合いや戦による殺人などが横行していましたので今に限ったことではありませんが、特に最近のこの国の心の闇は本当に深いです・・・。私達がやらなければいけないことは沢山あると思います。 昨日のNHKスペ...

「傲慢」は全人類共通の学び

私たちは誰しもが、すぐに"奢り(おごり)"という気持ちが沸き上がってきます。この地球は偶然できたと錯覚し、また地球の自然を人間の好き勝手に扱っています。そして人は、とかく自分の力だけで何でもできるように考えがちです。 人間同士の間では、自分の思い通りにならないからと、エゴとエゴがぶつかり合い、罵倒・非難など醜い争いを繰り返しています。その大きなものが国家権力や武装勢力の争い、つまり戦争です。 ...

私達の命は自分だけのものではない

私たちの命は決して自分だけのものではありません。私たちをここまで導いてくださった沢山の方々のものでもあります。そこには沢山の愛情が込もっています。だから簡単に命を投げ出したり、体を粗末に扱ってはいけません(売春、飲酒・喫煙などのやり過ぎ、過食・偏食、睡眠不足、運動不足など)。心のあり方も体に影響します(ストレスや、不足の思い、恨み・妬みなどの負の念は思い癖の病となる)。 今までに自分が受けた愛を守り、...

人との絆・ご縁・ご恩

私達は、決して自分ひとりの力でここまで生きてこられたのではありません。あなたが小さい時、おしめを替えてくれ、おっぱいを飲ませてくれ、愛され育てて頂いた人達がいます。大きくなってからも、あなたの生活、あなたの職場、病気の克服、子供の養育など、人様に何らかの援助をしていただいたはずです。たくさんの方に支えられ、見守られ、励まされてきたはずです。時に厳しく自分を叱ってくれる人もいたから間違いにも気づくこ...

人のために生きられること

人の辛さ・苦労は、その人でなければ完全に理解することはできません。けれど人の痛みの分かる人は自分の事のように心配してくれ、共に泣いてくれ、その人にいつも寄り添ってくれます。そして良いことに出会えた時は、自分の事のように笑い、喜んでくれます。 人は一人では生きていけません。人は支え合って生きています。自分の思いを少しでも分かち合い共感してくれる人が一人でもいてくれるだけで、苦しみ・辛さは和らぎ、生き...

この世だけの正義、この世の不幸

私、そして私の周りの人たちが皆思っていました。 死んだら無になると。 この世だけが全てなんだと。 人間は生きてせいぜい100年。そして人生はこれ一回。 だから大切に生きるんだよと私は教わりました。 「今年一年、家族に何事もなく、健康で過ごせた事に感謝しましょう。」 母は、年末になるとこんなことをいつも言っていました。 皆つつがない人生を望んでいました。人生何事もない事が当たり前だと思っていました。 そして母...

左サイドMenu

プリザーブドフラワー時計

インテリア 雑貨 エコロジー

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2009年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


プロフィール

gogomizop

Author:gogomizop
本名:溝口 英巳
[ブログは基本的に、週一更新]

 霊的真理を正しく理解し、何事もおそれず、この世の限りある生を精一杯込めて生きることを目指すスピリチュアリストのブログです。
江原啓之のスピリチュアリズムが中心です。私が彼を師事している理由の一つに、「心」を重んじていることがあげられます。スピリチュアルといっても、ただ霊的な裏付け・視点を増やしているだけで(これらが大切でもあるのですが)、人生をどのように生きていくかについては、しごくまっとうなことを仰っているだけなんです。私は"感謝の中で毎日を現実的に生きること、毎日の丁寧な営み"こそが大切だと思っています。
 日々の内観の確認として、また人生の岐路に立った時・迷った時、皆様の道しるべとなれるなら幸いです。私自身、未熟な存在ですので、色々とご指導を仰ぐことも多々あるかと思います。どうぞよろしくお願いします。
 既成宗教の信仰はございません。精神世界系の団体に加盟すること、作ること、スピリチュアル関連の勧誘行為・経済活動は一切ございません。

最新記事

Tipコメント(最新10件)

  • 07/30:今田 遥

  • 08/17:gogomizop

  • 08/16:求道猫

  • 06/13:まーさん

  • 05/17:まーさん

  • 05/14:gogomizop

  • 05/12:求道猫

  • 05/07:自称・ゴーダマの弟子

  • 04/19:gogomizop

  • 04/16:ー

マザー・テレサ映画祭

今年2010年はマザー・テレサの生誕からちょうど100年目。只今、「マザー・テレサ映画祭」が開催されています。
2010年1月16日(土)~ 夏頃まで
各地で順次開催
「マザー・テレサ映画祭」公式サイト バナー(リンクフリー)

QRコード

QRコード

来訪者

右サイドメニュー

Twitter

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。