FC2ブログ

真理に生きる(実践スピリチュアリズム)

~ 感謝の中で、毎日を現実的に生きていくこと。毎日の丁寧な営みを。 ~

ブログ検索   
Google検索   [ ウェブ全体 ブログ内 ]

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この世だけの正義、この世の不幸

私、そして私の周りの人たちが皆思っていました。
死んだら無になると。
この世だけが全てなんだと。

人間は生きてせいぜい100年。そして人生はこれ一回。
だから大切に生きるんだよと私は教わりました。

「今年一年、家族に何事もなく、健康で過ごせた事に感謝しましょう。」
母は、年末になるとこんなことをいつも言っていました。
皆つつがない人生を望んでいました。人生何事もない事が当たり前だと思っていました。

そして母は、こんなことも言っていました。
「世の中には自分達よりも不幸な人がいます。だから五体満足なことに感謝を忘れてはいけません。」

母は感謝することの大切さを教えてくださいました。

でも・・・・
この世の中には、
誰からも愛されずに死んでいく人がいる。
生まれつき重い病気を背負って生まれてくる子供がいる。
戦争や凄惨な事件の被害者になる人がいる。
何も悪いことをしていないのに。
どうしてでしょうか?
それって皆、生まれてくる環境や境遇、結局、運が良かったか悪かったかということになってしまいます。

「自分達よりも不幸な人がいるから」という論理は、「えた・非人」を見て農民が安心するという、ねじまがった江戸時代の身分制度と同じ差別意識と近いのかもしれません。
もちろん母はそんな意味で言ったのではないけれど、「もしあなたが世界で一番不幸な人だったらどうしますか?」と江原先生は問いかけています。

そしていつの間にか人は、心のどこかで、他の人と比べて幸せの尺度を測り、自分の不幸だけを口にしているのです。

ルックスや体型が悪いから不幸、
ろくな人と出会わない、ひどいことを言われたから不幸、
短命は不幸、
重病・障害は不幸、
貧乏は不幸、
苦労は不幸、
愛する人を失って私は不幸だと。

自分のおかれた状況に感謝し、他者の気持ちがわかる心の優しい人になりましょうと生きていくことは素晴らしいことではあるけれども、もしこの世が全てだとしたら、あの世というものがなかったとしたら、究極的には本当の正義は成り立ちません。

1848年にアメリカで起こったポルターガイストの研究から、あの世が存在することが証明され、これまで江原先生を含め多くの霊能者があの世の存在を示してきました。例え霊能力がなかったとしても、波乱万丈な事、死にたいほど苦しい事を経験した人は、壮絶や絶望の中で何かのはからいに触れ、この世の論理では説明できない、目に見えないものの力を感じたことがあるかもしれません。

あの世が存在していることに確信を得た人は、この世が全てだと思っていた、今までの私たちの生き方、私達が常識だと思っていた事、世の中の見方を再度見つめ出します。

私たちは何のためにこの世に生まれ、いかに生きるべきか、死してどうなる存在なのか。私たちの人生とは何なのか。

そして、

私達が思うこの世の不幸とは何なのだろうか。

と。

真理を正しく理解できた時、
人生の刹那から脱却できた時、
私たちは本当の幸せに出会うことができるのです。
何があっても、この世を精一杯生き抜くことができるのです。
己の傲慢さを知り、他者を通して自分自身と真摯に見つめあうことができるのです。
本当の意味で他者を思いやり、感謝の中に、愛の中に生きることができるのです。

-----
[参考] 
江原啓之の実践スピリチュアリズム
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プリザーブドフラワー時計

インテリア 雑貨 エコロジー

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2019年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

gogomizop

Author:gogomizop
本名:溝口 英巳
[ブログは基本的に、週一更新]

 霊的真理を正しく理解し、何事もおそれず、この世の限りある生を精一杯込めて生きることを目指すスピリチュアリストのブログです。
江原啓之のスピリチュアリズムが中心です。私が彼を師事している理由の一つに、「心」を重んじていることがあげられます。スピリチュアルといっても、ただ霊的な裏付け・視点を増やしているだけで(これらが大切でもあるのですが)、人生をどのように生きていくかについては、しごくまっとうなことを仰っているだけなんです。私は"感謝の中で毎日を現実的に生きること、毎日の丁寧な営み"こそが大切だと思っています。
 日々の内観の確認として、また人生の岐路に立った時・迷った時、皆様の道しるべとなれるなら幸いです。私自身、未熟な存在ですので、色々とご指導を仰ぐことも多々あるかと思います。どうぞよろしくお願いします。
 既成宗教の信仰はございません。精神世界系の団体に加盟すること、作ること、スピリチュアル関連の勧誘行為・経済活動は一切ございません。

最新記事

Tipコメント(最新10件)

  • 07/30:今田 遥

  • 08/17:gogomizop

  • 08/16:求道猫

  • 06/13:まーさん

  • 05/17:まーさん

  • 05/14:gogomizop

  • 05/12:求道猫

  • 05/07:自称・ゴーダマの弟子

  • 04/19:gogomizop

  • 04/16:ー

マザー・テレサ映画祭

今年2010年はマザー・テレサの生誕からちょうど100年目。只今、「マザー・テレサ映画祭」が開催されています。
2010年1月16日(土)~ 夏頃まで
各地で順次開催
「マザー・テレサ映画祭」公式サイト バナー(リンクフリー)

QRコード

QRコード

来訪者

右サイドメニュー

Twitter

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。