FC2ブログ

真理に生きる(実践スピリチュアリズム)

~ 感謝の中で、毎日を現実的に生きていくこと。毎日の丁寧な営みを。 ~

ブログ検索   
Google検索   [ ウェブ全体 ブログ内 ]

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折り鶴(Origami Cranes)

広島 平和記念公園 「原爆の子の像」(佐々木禎子の像)
(Wikipediaより)

先週のトラッドジャパンで、「千羽鶴」が特別なものとなるきっかけとなった「サダコと折り鶴の物語」を取り上げていました。多くの方がご存知かと思いますが、ここでご紹介させていただきます。

そもそも「紙」は、古来より絵や文字を書くためだけではなく、願いを込める神聖なものだったそうです。そして日本人にとって「折り紙」は、思いや気持ちを込める小さなアートであり、折った人の心が込められています。

彼女がどのような思いで鶴を折っていたのか、思いを馳せますとせつなくなります。改めて、核兵器のない平和な世界への思いを強くいたしました。

 


第二次世界大戦後、折り鶴が特別なものになります。Origami cranes took on a special significance after World War Ⅱ.
広島 平和記念公園の「原爆の子の像」では、少女が折り鶴を空に掲げています。The Children's Peace Monument in the Hiroshima Peace Memorial Park depicts a girl lifting a paper crane towards the sky. 
この像のモデルになった少女は2歳の時に被爆しました。The girl who was the model for this statue was exposed to radiation in the bombing of Hiroshima when she was two years old.
その9年後、彼女は白血病を発症します。Nine years later, she developed leukaemia.
ある日、「鶴を千羽折ると願いが叶う」という言い伝えを耳にした少女は、「元気になりたい」と願い、薬の包み紙などで鶴を折りました。 One day, lying in her hospital bed, she heard that folding 1,000 paper cranes would make her wish come true.Her wish was to get well, so she began folding paper cranes using medicine wrappers and whatever paper she could find.
しかし その願いもむなしく、彼女は12歳でこの世を去りました。But her wish did not come true, and she died at the age of 12.
この少女の物語は広く知れ渡り、千羽鶴は願いや祈りを込める特別なものになったのです。 The story of this girl became widely known, and later, people began to consider sets of 1,000 cranes to be a special form of origami imbued with hopes and prayers.


出典:トラッドジャパン「折り紙(Origami)」

折り鶴
(Wikipediaより)

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プリザーブドフラワー時計

インテリア 雑貨 エコロジー

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2019年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

gogomizop

Author:gogomizop
本名:溝口 英巳
[ブログは基本的に、週一更新]

 霊的真理を正しく理解し、何事もおそれず、この世の限りある生を精一杯込めて生きることを目指すスピリチュアリストのブログです。
江原啓之のスピリチュアリズムが中心です。私が彼を師事している理由の一つに、「心」を重んじていることがあげられます。スピリチュアルといっても、ただ霊的な裏付け・視点を増やしているだけで(これらが大切でもあるのですが)、人生をどのように生きていくかについては、しごくまっとうなことを仰っているだけなんです。私は"感謝の中で毎日を現実的に生きること、毎日の丁寧な営み"こそが大切だと思っています。
 日々の内観の確認として、また人生の岐路に立った時・迷った時、皆様の道しるべとなれるなら幸いです。私自身、未熟な存在ですので、色々とご指導を仰ぐことも多々あるかと思います。どうぞよろしくお願いします。
 既成宗教の信仰はございません。精神世界系の団体に加盟すること、作ること、スピリチュアル関連の勧誘行為・経済活動は一切ございません。

最新記事

Tipコメント(最新10件)

  • 07/30:今田 遥

  • 08/17:gogomizop

  • 08/16:求道猫

  • 06/13:まーさん

  • 05/17:まーさん

  • 05/14:gogomizop

  • 05/12:求道猫

  • 05/07:自称・ゴーダマの弟子

  • 04/19:gogomizop

  • 04/16:ー

マザー・テレサ映画祭

今年2010年はマザー・テレサの生誕からちょうど100年目。只今、「マザー・テレサ映画祭」が開催されています。
2010年1月16日(土)~ 夏頃まで
各地で順次開催
「マザー・テレサ映画祭」公式サイト バナー(リンクフリー)

QRコード

QRコード

来訪者

右サイドメニュー

Twitter

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。