FC2ブログ

真理に生きる(実践スピリチュアリズム)

~ 感謝の中で、毎日を現実的に生きていくこと。毎日の丁寧な営みを。 ~

ブログ検索   
Google検索   [ ウェブ全体 ブログ内 ]

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれてこれたことに思いを馳せて

今日は実家に帰省し、一日違いの母親と二人だけで誕生日のお祝いをしました。

メッセージをくださった方々、ありがとうございました。一つ、あるお友達から「誕生日は父上母上に感謝する日」というメッセージをいただきまして、私はふと、私が尊敬する先生の言葉を思い出しました。

------------------------------
あなたが生まれたとき
まわりにいた人たちが
どれほど幸せにつつまれたか
想像したことがありますか。

いのちと勇気のことば―いかに生きるか・何を残すか」 日野原 重明著
------------------------------

誕生日って、自分が年を重ねてこれたことを祝うとともに、自分の両親に感謝する日でもあり、そして自分がどれだけ祝福されて生まれてきたか、愛されたかを実感する日でもあるんですよね。

以前、NICUで働く看護師を知り合いに持つ友人が言っていました、「無事に生まれてこれることは奇跡」だって。ましてや五体満足で生まれることはそのまた奇跡。それはそれは色々なお子さんを見てきていらっしゃる現場の方の声は、今でも私の中に響いています。

さらにスピリチュアルな視点でいえば、母体に宿ることのできるたましいはほんの一握り。オーラの泉で美輪さんや江原さんが「宝くじにあたるよりも確率が低い」と仰っていたことを思い出します。生まれてこようと思っても、なかなか生まれてくるチャンスは少ない。そう思うと、せっかく生まれてきたのだから、精一杯生きなくっちゃって改めて思いました。

今、33年前の自分に思いを馳せ、自分が自立するまで両親に育てていただいたことを思い返しております。
小さい頃の記憶としては、母親の胎内にいるときのこと、色々と可愛がってもらったことなどは、よく覚えています。
両親には頭が上がりません。

スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

こんにちは。

おっしゃるとおり産まれてくることは大変なんですね。

そして生きていくことも。

最近、知り合いの方が急死しました。

人間の命の儚さにショックを受けました。

明日をも知れぬ我が身。

刹那主義ではなく、人間とはそういうものなのだと考えるきっかけになりました。

それが生きているだけで奇跡というこの前の言葉に繋がりました。

生かされているということをもう少し私も深く考えたほうがいいと思いました。

ところで、文章中に「小さい頃の記憶としては、母親の胎内にいるときのこと」という一節がありました。

一瞬あれ?と思いました。

みぞっぷさんは、母親の胎内にいるときの記憶があるのでしょうか?

もし話したくないのなら構いませんが、教えていただけたら幸いです。
  • posted by はるひろ 
  • URL 
  • 2010.01/11 17:12分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

はるひろさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。返信遅くなりました。

そうだったのですか、お知り合いの方が亡くなられたのですね。
私も昨年は何人かの方をお見送りしました。急死した幼馴染みのご家族にもお会いしました。
身近な人の死に直面すると、いつも生と死について深く考えさせられます。
その人がいなくなったことはやはりとても悲しいこと。感情をなくしたら人間ではありませ
ん。
しかし、いつまでも刹那的な生き方をすることは、死んだ本人を悲しませるだけなのですよね。
近いうちに記事にしたいと思います。

> みぞっぷさんは、母親の胎内にいるときの記憶があるのでしょうか?
> もし話したくないのなら構いませんが、教えていただけたら幸いです。

←話すこと自体は全く問題ありませんです。
 次の記事にしますので少々お待ちくださいませ。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プリザーブドフラワー時計

インテリア 雑貨 エコロジー

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2019年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

gogomizop

Author:gogomizop
本名:溝口 英巳
[ブログは基本的に、週一更新]

 霊的真理を正しく理解し、何事もおそれず、この世の限りある生を精一杯込めて生きることを目指すスピリチュアリストのブログです。
江原啓之のスピリチュアリズムが中心です。私が彼を師事している理由の一つに、「心」を重んじていることがあげられます。スピリチュアルといっても、ただ霊的な裏付け・視点を増やしているだけで(これらが大切でもあるのですが)、人生をどのように生きていくかについては、しごくまっとうなことを仰っているだけなんです。私は"感謝の中で毎日を現実的に生きること、毎日の丁寧な営み"こそが大切だと思っています。
 日々の内観の確認として、また人生の岐路に立った時・迷った時、皆様の道しるべとなれるなら幸いです。私自身、未熟な存在ですので、色々とご指導を仰ぐことも多々あるかと思います。どうぞよろしくお願いします。
 既成宗教の信仰はございません。精神世界系の団体に加盟すること、作ること、スピリチュアル関連の勧誘行為・経済活動は一切ございません。

最新記事

Tipコメント(最新10件)

  • 07/30:今田 遥

  • 08/17:gogomizop

  • 08/16:求道猫

  • 06/13:まーさん

  • 05/17:まーさん

  • 05/14:gogomizop

  • 05/12:求道猫

  • 05/07:自称・ゴーダマの弟子

  • 04/19:gogomizop

  • 04/16:ー

マザー・テレサ映画祭

今年2010年はマザー・テレサの生誕からちょうど100年目。只今、「マザー・テレサ映画祭」が開催されています。
2010年1月16日(土)~ 夏頃まで
各地で順次開催
「マザー・テレサ映画祭」公式サイト バナー(リンクフリー)

QRコード

QRコード

来訪者

右サイドメニュー

Twitter

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。